書籍一覧

超入門 ストーリーでわかる「起業の科学」

「起業の科学」をストーリーで解説
主人公・山田創太郎が配属された新規事業部で課された使命は、
3カ月以内の新規事業立ち上げ。
未経験の壁を越え、いかに成功をたぐり寄せるのか! ?
57の「新規事業でハマりやすいワナ」もコラム形式で解説。

▽ 9/17発売開始 予約受付中

共著
コロナ後の新ビジネスチャンス

先を読む力」に長けた16人の経営者&経済専門家が徹底予測!
「コロナショック」を「コロナチャンス」に変えるヒント満載!
 田所雅之 :非接触・バーチャルへのシフトで、ビジネスチャンスは数多く生まれる

起業大全 

起業家が事業家へと進化するための実践知を網羅。PMF後のスタートアップが、CXOを育て、会社の成長を加速させるためにやるべきこと、やってはいけないことがわかる!

御社の新規事業はなぜ失敗するのか?~企業発イノベーションの科学~

8つのステップで99%の失敗は防げる。日本企業がイノベーションを起こし続けるためのカギは「3階建て組織」にある。『起業の科学』の著者が大企業に舞台を移してイノベーションを科学する! 

入門 起業の科学

起業・新規事業の「成功/失敗」を分けるのはたった1つのハードルを超えられるか否か―。成功に至るまでのプロセスは長いが、そこには型があり、型を知れば失敗は潰せる。成功の型を、4ステップ、39のチェックポイントに、因数分解したのが本書。長い道のりを、最初に概観すれば、失敗の99%は潰せる。だから、やりきる自信と勇気が湧いてくる。

起業の科学 スタートアップサイエンス

起業家が必ず直面する課題と対策を、時系列に整理。だから「今、自分が何をすべきか」が、すぐ分かる!成功を夢見る前に、ありがちな失敗を必ず潰す、ありそうでなかった「起業の教科書」。